株式会社りんかい工務店 電話0453900486 (24時間対応)

はじめまして

 もし、あなたが建設、建築、土木、住宅、不動産について考え始めたばかりで、当社のことを知らなかったとしても、「工務店」という言葉は聞いたことがあると思います。

 「工務店」とは、建設、建築、土木、住宅、不動産に生じるさまざまなニーズにお答えする会社です。

 りんかい工務店は横浜市戸塚区と藤沢市にある工務店です。個人、法人を問わず、リフォームをお考えの個人のお客様、雨漏りで困っている個人のお客様、上場企業の設備担当者の方から院長さん、お坊さん、アパートを借りている学生さん、マンションの個人投資家さんまで、多くの方に利用していただいています。

お客さまの声

客先の意向を十分理解し、親切に対応していただいた。(お客様)

とても丁寧にやっていただきありがとうございましたきれいになってうれしかったです。(お客様)

仕事内容がわかりやすい。質問に誠実に答えてくれる。仕事が丁寧。(お客様)

非常に丁寧な作業と見受けられるので、次の機会があれば、と思う(お客様)

 

アンケートを見たい方はこちらへ


お客様の要望に的確にお答えします

 私たちは工務店です。工務店というものは、大工と左官の集団ですから、「棟梁の熟練の技」という言葉を売りにしている工務店が多いです。

 

 私の主観にすぎないのかもしれませんが、私たちのいる建設業界は「職人かたぎ」といった建設業者側の好みの一方的なおしつけがあまりにも多いと感じています。テレビでは「匠の技」といって建築士がデザインだけの、すみにくい、メンテナンスしにくい家を競っています。大工は大工で、鉋でいかに薄くけずれるかという、お客様からみれば何も意味のない技術競争を行っている集団もあります。

 

 ハウスメーカの立てたツーバイフォーの住宅を見れば「あんなの家じゃないよ」とけなし、使いもしない十万円の鉋の手入れに精を出し、有名な宮大工の西岡常一さんのDVDを見ては涙する自称「本物の大工」もいます。

 

 それではなぜお客様は「本物の家」であるはずの在来工法での家を「本物の大工」にたのまず、「素人集団」であるはずのハウスメーカーでツーバイフォーの家を建てるのでしょうか。化学会社、電気会社、自動車会社から参入したハウスメーカーは建設業の旧来の悪習を廃し、納期を守り、財政的な面をお客様にアドバイスし、住宅の世界に個人の経験則ではなく、普遍的な科学的根拠をもちこみ、それがお客様に支持されたからです。

 

 人はみな少しずつ違います。お客様の求める工事も一人一人少しずつ違います。自分たちにしかわからないような独りよがりの技術競争に重みをおかず、お客様一人一人の異なる要望に的確に答えることが工務店のあるべき姿なのではないでしょうか。

 

 りんかい工務店は新しい工務店です。自分たちにしかわからない好みをお客様に押し付ける職人の工務店ではなく、お客様が求めることに的確にお答えする商人としての目をもって工務店でありたいと思っています。明治時代に福沢諭吉は「これからの日本の若者たちはイギリスを手本にミドルクラス(商人)の力でよき社会を作っていくのだ」といいました。その言葉に習い、私たちはミドルクラス(商人)として、社会の中堅として、よい仕事を通して、よき社会の一員でありたいと願っております。

 

 時代の流れに吹き飛ばされるのではなく、時代の流れを推進力としてハンググライダーのようにお客様と一緒に新しい生活という大空へ向かう工務店でありたいと思っています。

 

マンガ「こんなお客様には当社がおすすめです」

マンガ解説に興味があるかたはこちらへ

卓越した工事サービスを提供します。

 当社は、お客様に対し、安い工事を大量に供給すればいいとは考えておりません。当社も資本主義社会に身をおいておりますから、「ライバルとの競争に勝つ」ということはもちろん大切です。しかし、値段だけを売りにして、レベルの低い従業員を抱えて、お客様へのヒアリング、工事、フォローの一連の対応のレベルが低くなり、お客様が不満を抱えてしまう。そのようなことがあってはならないと考えております。

 

 住宅というのものは、壊れたら捨ててしまえばいいというものでありません。日本人にとっての着物や、イタリア人にとっての家具や毛皮のコートのように、人の一生より長く愛されることがあるものです。

 

 住宅というものは、長くすむほど、家族になじんでいく感覚を楽しんでいただけるものです。りんかい工務店の提供する住生活とそれを支える工事サービスは、お客様の住宅をただ、生活を営む場所というだけではなく、お客様の人生を彩り支える、心の種にしたいと考えております。

 

激安工事にNO!工場、問屋さんには正当な支払いをしております。また、職人に極端な残業も強制しておりません。

 「横浜 工務店」「藤沢 リフォーム」「横浜 塗装」「藤沢 屋根」などのキーワードで検索すると、少なくない数の、「激安工事」の会社がでてきます。そういう会社はプロから見れば「手抜き工事にならないギリギリのライン」で工事をしております。

 

 なぜ、そのようなことになるのでしょうか。原材料費と工場への支払いを減らすためです。ただ、トヨタのクラウンがスズキのキャリイの値段では買うことはできないように、「正当な工事」は割安な値段で購入することはできません。工事の値段は原材料の製造技術、品質管理、現場管理、技術者の教育などで違ってきますし、優れた原材料や工場は限られており、「正当な工事」の相場が大きく狂うことはありません。

 

 「手抜き工事にならないギリギリのライン」で一番被害を受けるのはお客様です。安い値段で「正当な工事」をしてくれると思って「激安工事をする工務店」と契約したのに、「手抜き工事にならないギリギリのラインの工事」を買わされることになるのが問題です。

 

 私たちは原材料や工場への支払いは減らさずに、インターネットの活用、家賃、人件費、広告費の徹底削減により、「正当な工事」をお手ごろな値段で販売しお客様に喜んでもらえるように普段の努力をし続けます。一定のクオリティを保つことを心がけていますので、一回激安工事店に流れたお客様も、数年たつと、また当社に戻ってきてくれています。

 

 また、当社は職人の疲労が事故を招く最大の要因としており、職人の残業がほとんどありません。朝一番の一時間と、八時間働いたあとの一時間では、全く能率が異なるからです。また、家に帰るのが遅いと、プライベートで何もできなくなってしまい、職人のストレスがたまってしまいます。それがまた仕事の能率を下げることになります。

 疲労のない、元気な職人がお客様にクオリティの高い工事をお見せすることができると思います。

 

 

お値段以上の価値をお客様に提供します。

 リフォームで多いのは、上に挙げた「激安工事」ともう一つはハウスメーカーのリフォーム部門の「高い工事」です。ハウスメーカーのリフォーム部門は、「ここで家を建てたから安心」「何かあったときに面倒を見てくれるかも」というお客様の気持ちをついて、激安工事会社の2倍の料金をとります。激安工事会社に比べると正当な工事をしてくれて仕事の内容は多少いいのでしょうが、コストパフォーマンスがいいとはいえないかと思います。

 リフォーム業界では、「激安工事」が4割、ハウスメーカーのリフォーム部門が5割のシェアを持ち、その真ん中の普通の工事を、普通の料金でしてくれる「中間価格帯」の会社が少ないです。

 当社は正当な工事を、普通の料金でする、中間価格帯の会社です。正当な工事を普通の値段で行いたい方におすすめです。正当な工事ですから、必ずお客様にお値段以上の価値を与えることができると信じております。

追求すること

1、的確な対応をし、お客様から見て便利であり続ける

  当社がお客様の要求に的確な対応をすればするほど、お客様の得る利益は大きいのです。営業は常にお客様に的確な対応をしているか常に頭においていなければなりません。映像、写真、絵で書く、ありとあらゆる方法でわかりやすい説明を追及します。

 

 わかりやすく、的確な意思疎通を図ることで人間の作り出すありとあらゆるもの同様、完璧ではないが少なくともいい仕事ができる確率を上げることはできると考えております。

 

 また技術者に関しても「自分は人付き合いが苦手だし、黙々と仕事しているほうがいいから技術者やっている。」という人間を当社は許しません。技術者はお客様の大切な財産を預かっているのであり、常に説明責任があります。いついかなるときでも、当社の技術者は、お客様の質問に必ずお答えいたします。もちろん、当社にも口下手な人間もいます。説明を受けてもお客様が腑に落ちないときには、代わりに現場監督が説明します。


2、建築物の最高機能を発揮させる

  お客様が工事をしたときに、一番うれしいのはどういう時でしょうか。営業マンや職人が清潔感があり、感じがよいことではありませんし、価格が安いことでもないと思います。

 

 お客様は工事業者が「さすがプロ」という高品質の工事を行ったときが一番うれしいかと思います。

 私たちは工事の品質については妥協を許さず、常に学習、常に練習をしております。

 

 工事に対する不断の学習と練習により、「こんなはずじゃなかった」とお客様をがっかりさせない、「さすがプロだ」と喜んでいただけるような工事をしたいと思っております。私たちはお客様の建物を単に使い古されてしまう消耗品としてではなく人生を彩る心を動かす作品として作り出したいと考えています。

 

 当社が常に心がけていることは、「建築物の最高機能の発揮」ということです。長年風雨にさらされて、傷んだ建物をただ直すだけでなく、美観、耐久性、使いやすさ、安全面など、全てにわたって最高の機能を発揮させることを心がけています。

 

 建築物に最高機能を発揮させるために、技術者の団体として、常に訓練を重ね、練度の高い、熟練工をお客様に提供しつづけるという使命をもっております。お客様の喜びが私達の喜びである限り、建築を通してお客様の人生を輝かせたいそんな気持ちでりんかい工務店は歩んでいます。

 

 わたしたちは「勝って兜の緒をしめよ」を合言葉に常に「仕事のクオリティーを落とさない」ことを心がけております。  

3、安心とスピードは一体である

  建設会社というものは、すべての会社が思い出したくないような安全に関する失敗の経験があります。当社は従業員が安心して働くために、安全第一、利益第二を掲げ、従業員が安心してのびのび働ける環境づくりをします。

 それと同時にお客様に危険をもたらすような工事をしない、社会の環境を汚さないということも常に心がけております。ゴミは常に正当な処分をし、ゴミに関して不正な処理をしている業者と取引をしないようにしております。

 

 また、安心と反対である不安について、考えてみたいと思います。

 お客様が不安になるのはどういうときでしょうか?

 ちょっとした、技術者への気がかりや説明への半信半疑、ちょっとした時間待ち、マスコミからの不正確な個別性のない情報、連絡をしないでいきなりお客様のおうちへの訪問などから、お客様は不安になってしまいます。 

 

 当社は常にお客様に気を配り、お客様が工事に対して思い煩うことのないように手はずを整えます。お客様が安心できる雰囲気づくり、迅速な対応、お客様のおうちへの理解に常に心を配ります。

 また、技術者の中での情報共有を行い、「あ、これ忘れてた」ということがないようにいたします。といっても、見ず知らずの人が家の中に入るわけですから、職人はうわさ話を好むような人間であってはなりません。常に厳しく情報管理を行います。 

 

 安心感は、スピードから生まれます。警察官や救急車がすぐ駆けつけてくれるから、私たちが安心して暮らせるように、当社もスピードを極めて重視しております。

 病気やケガの痛みはすぐ、その場でとってあげなければなりません。だからこそ人類は麻酔の開発に心魂を注いだのです。同様に、お客様の心の痛みも、すぐにその場でとってあげないといけません。

 

 

4、「みんなやっている」より科学的根拠が大切である

 建設業においてはさまざまな情報がとびかい、何が正しいか、何が正しくないか、わからなくなっている部分があります。

 

 当社が住宅の設計についてこだわるのは、科学的根拠です。つまり再現性があり、誰がやっても同じような結果がでるということを当社は最も価値をおきます

 

 医学の分野では、長年東洋医学で親しまれていたツボや気孔、風水が研究機関での実験により、科学的根拠のないものとして、否定されています。その道のベテランたちの間で長年の常識とされてきたものでも、間違いはあるのです。

 

 当社は常にお客様に、「みんなこうやっているから」「長年こうやってきたから」ではなく、「これこれこういうデータに基づいて、こうなってます」という説明ができるようにしております。

 

5、いついかなるときも、連絡がつながる

 建設会社の社員というものは、携帯電話のつながりにくい山奥で仕事をしていることも結構あります。また、高所作業や医療機関内での作業をずっとくりかえしていて携帯電話に出れないこともあります。

 仕事自体も朝は早いのですが、夜は肉体的疲労で疲れて寝てしまっていることが多いものです。

 

 そして、小さな建設会社というものは、社長と従業員は仕事で会社にいません。派遣の事務職員は土日祝日休みで8時始業5時終業で退社してしまいます。

 

 昼間一般のお客様が近くの建設会社に電話をして、派遣の事務職員や、その前後の電話番である社長の奥様が電話にでても「電話番号を教えてください。社長が帰ってきたら折り返します」といって電話終了になり、その後、折り返しの電話がこないということが少なからずあります。

 

 これは、建設会社は大手の建設会社から、電話で「仕事を頼みたいんだ」といわれていざ商談にいってみると、「工事終了後半年先の支払い」のようなものすごい不利な条件で仕事を頼まれることがあるからです。

 また、「仕事を頼みたい」という電話がきて、いざ商談にいってみると大手の建設会社から、「御社は加盟金300万円を当社に払ってうちの下請けにならないか」という話だったりするからです。(おそらく加盟金詐欺のようなもので300万円払っても、仕事は1件ももらえないと思います)

 

 小さな建設会社は毎日のようにかかってくるそういう電話は仕事の邪魔なので、相手にしないのです。そのため、本当に仕事を頼みたい一般の方から電話がかかってきても、大手の建設会社の横暴な条件の取引を求める電話と区別がつかずに、そのような対応になってしまうのです。

 

 一般の方は、大雪でおうちが損傷してしまった、台風で雨漏りなど、どうしても建設会社とつながりたいときがあると思います。ところが、上に挙げた理由で、一般の方が小さい建設会社を一生懸命タウンページで調べて電話しても、「社長がかえってきたら折り返します」で切られてしまいます。

 

 そこで当社は独自の「大手さんからの横暴な条件を求める電話」をカットする方法を発明し、大手さんから電話がかかってこない方法を生み出し、一般の方と連絡がいつでもつながるようになりました。

 

 電話、携帯電話、IP電話、LINE、EMAILを駆使し、365日24時間いつでも責任者とつながりますので、迅速に動けます。

 

電話0453900486 24時間対応 rinkaicorp@gmail.com

 

 1.鶴見区、2.神奈川区、3.西区、4.中区、5.南区、6.保土ケ谷区、7.磯子区、8.金沢区、 9.港北区、10.戸塚区、11.港南区、12.旭区、13.緑区、14.瀬谷区、15.栄区、16.泉区、17.青葉区、18.都筑区

電話やFAXが苦手な方はこちらから(グーグルやぷららと相性の悪いIPだと受け付けないことがあります。24時間以内に当方から連絡がない場合、電話で連絡してください)rinkaicorp@gmail.com

メモ: * は入力必須項目です

瓦、屋根、雨漏り、フローリング、リフォームご相談ください。