相見積もりのカラクリに負けない手抜き工事0システム

 相見積もりについてですが、簡単に勝つ方法があります。競合の中で一番安い価格を提示して、見積もりに勝ったら、いざ、工事の段階になって手を抜けばいいのです。(修行時代の私の親方は、しばしば行いました。)

 

 今でも、少なくない業者が、それをやって利益をだしています。彼らの言い分は「安いものを求めるお客さんが悪い」です。

 

 手抜き工事を検査する業者というのもありますが、多くは建築士がやってくるため、建築士は図面に関してはできても、細部の工事はよくわからないことが多いので、ほとんど見抜けないのです。

 

 ただ、それをやってしまいますと、何のために生きているのかわからなくなってしまいます。当社は営業の値下げ合戦の過熱をさけるため、多くの会社が競合するような相見積りをしないことにしています。ご了承ください。


yahoo知恵袋と連動

 初めてリフォームをするお客様は、たくさんリフォームに関する本を読むため、「手抜き工事」のことで頭が一杯になっている方も多いと思います。

 

 実際の現場では、上に書いた、「安値受注の後の悪意をもった手抜き工事」以外のほとんどは、「うっかり工事」が多いです。うっかり○○を忘れた。うっかり○○の順番を間違えた。

 

 といってもお客様から見れば「うっかり工事」も「手抜き工事」もなんらかわりがありません。

 

 そこで、当社では手抜き工事ゼロシステムというものを開発いたしました。毎日工事のjpg写真をお客様にお渡ししますので、それをお客さまにyahoo知恵袋に投稿していただきます。そうすると、全国の人が「そのやり方でOK」「そのやり方はおかしいよ」とアドバイスをくれますので、安心して工事できるかと思います。

メモ: * は入力必須項目です